×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

胃潰瘍の症状

胃潰瘍は、ストレス社会において、もっとも代表的な病気ですね。胃潰瘍は、ストレスが原因で、胃の粘膜が荒れたりする病気です。腹痛や嘔吐、胸焼け、吐血が胃潰瘍の主な症状です。胃潰瘍の症状として、自覚症状を受けるのは、腹痛で、だいたいの人がみぞおちあたりに痛みを感じるそうです。また、胃潰瘍は、食後に痛みの症状を訴えるケースも多く、食事が消化しきれなかったり、空腹時に大量に食事することでも起こるようです。胃潰瘍は、胃液が多すぎて、ゲップ、胸焼けといった症状を起こすことが多々あり、これは胃液が食道に逆流しているのが原因です。そのため、嘔吐といった症状も表れます。また、胃潰瘍の場合、胃酸によってどす黒くなった血を吐き出すこともあります。激痛や動脈の乱れ、冷や汗といった症状も伴います。こういった症状があらわれた場合は、胃潰瘍であることを疑いましょう。そして、すぐに病院へ行き、検査をしてもらうことが必要です。場合によっては入院、手術の場合もあります。

原因

胃潰瘍の原因となっているものは、強いストレスです。なにか心配事がある、働きすぎて休む暇がない、睡眠不足などから胃潰瘍の症状を発生することがあります。腹痛、嘔吐といった症状が繰り返し起こったら、胃潰瘍を疑ってみましょう。そして、胃潰瘍にはピロリ菌の感染というものが大半を占めていると言われ、ピロリ菌が体内にいるため、胃潰瘍の症状が起こるといったこともあります。そのため、胃潰瘍治療のためには、抗生物質の薬服用で、ピロリ菌除去をする必要があります。また、胃潰瘍の症状は、日常生活の食事や習慣にも大いに関わってきます。タバコやお酒、コーヒーは大量摂取すると胃を荒らします。より症状を悪化させる原因になりますので、ほどほどにしましょう。さらに、食事にも偏食せずきちんとバランスよく食べ、遅い時間に暴飲暴食するなどないようにしてください。胃に負担をかけ、胸焼けなどの症状がでることもありえます。さらに、刺激のある香辛料を含んだものは、胃を刺激するため、胃潰瘍の症状を引き起こしやすくなります。何事もほどほどにしましょう。

治療法

胃の痛み、激しい腹痛、嘔吐、吐血の症状が出た場合、病院で詳しい検査を受けましょう。そこで、胃潰瘍と診断されたら、レントゲン検査、胃カメラといった検査を行います。起こった症状によっては、どの部分が原因なのかを見つけるためです。レントゲン検査では、胃潰瘍の大きさや、胃の粘膜など、症状から推測し、状態を観察します。胃カメラでは、潰瘍状態を観察し、ピロリ菌の状態や症状の程度を診断します。そして、胃潰瘍の状態から、今後の治療を考えていくのです。重度の胃潰瘍症状が現れなければ、手術もないですし、ピロリ菌を退治するために、薬を服用し、日常生活に気をつけていれば、再発はまずないでしょう。しかし、胃潰瘍症状の原因は、ストレスによるものですから、また、強いストレスや心配事を抱え込んでしまうと、再発の可能性があります。胃潰瘍症状を再発しないためにも、定期的に胃潰瘍の状態を医師に見てもらったり、自身もタバコ、お酒、コーヒーといった嗜好品をなるべく避け、規則正しい生活をしましょう。そうすれば、胃潰瘍症状は、なくなることでしょう。

 

Copyright © 2008 胃潰瘍の原因と治療法

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。